Our service

SEOライティング

近年、SEOではコンテンツの重要性がより高まってきています。被リンク重視の過去からGoogleの度重なるコアアップデートにより、現在はコンテンツの品質や戦略がSEOにより影響するようになりました。

コンテンツが重要といっても、ただページを追加すればGoogleに評価されるものではありません。Googleに評価され、検索結果の上位に表示されるコンテンツをどうやったら作れるでしょうか?そこで必要なのがSEOライティングです。


お問い合わせする

SEOライティングとは?

SEOライティングとは?

SEOライティングとは、GoogleやYahoo!の検索結果で上位表示することを目的に記事ページの文章を書くことです。

そもそも検索結果に上位表示するコンテンツは、Googleが評価したWebサイトから検索ニーズに適したページを表示しています。SEOを意識せず書いた文章は、検索ニーズに答える回答となっていない可能性があります。検索結果に上位表示されるコンテンツは、ユーザーのニーズ・課題・疑問に答える回答やソリューションを提供できることが重要です。

SEOライティングでは、検索ニーズやキーワードのテーマに合わせて必要な回答・ソリューションを設計・執筆します。SEOライティングは検索ユーザーの課題を情報で解決することと言えるでしょう。

次に、SEOライティングで重要な考え方を解説します。

カテゴリーテーマを意識したコンテンツ戦略が重要

カテゴリーテーマを意識したコンテンツ戦略が重要

SEOライティングを行う前に、前提として重要なポイントがカテゴリーテーマです。SEOを意識したコンテンツが1ページだけあっても、検索上位には表示されません。1ページで解決できた課題・キーワードは1つだけです。
Googleは、専門性のあるコンテンツ・Webサイトを評価します。

そこでキーとなるポイントがテーマ性です。
1課題に対応するWebサイトより、同じテーマの複数の課題を解決するWebサイトが評価されやすいのです。テーマに精通したWebサイトは専門性が高いと認識されやすくなるでしょう。

そのため、特定のキーワードで上位表示したい場合、周辺のテーマ・キーワードでも課題解決できるコンテンツが必要です。どのようなキーワード群のページをつくるかコンテンツ戦略を設計することが、パフォーマンスに大きく影響するのです。

Webサイトでもその道のプロになるのがSEOの近道ですね。
では、各ページはどのように作るとSEOに効果的かポイントを次で解説します。


お問い合わせする

検索上位に上げるためのSEOライティングのポイント

検索上位に上げるためのSEOライティングのポイント

SEOライティングは通常のライティングとは異なります。どんな点を意識してライティングするとSEOに効果的か5つのポイントを挙げます。

検索するユーザーの課題・疑問を考える

通常のライティングでは、往々にして書き手が伝えたい内容のみを書いています。しかし、それではユーザーは検索しても何も解決できません。

Googleは検索したユーザーの課題や疑問を解消しようとしています。そのためにGoogleは情報を整理して届けています。

SEOライティングではまずはじめに、ユーザーが検索する目的・ユーザーの悩み・課題・疑問が何かを考えましょう。
それらの仮説が有益なコンテンツになるのです。

課題・疑問に答える回答をつくる

ユーザーの課題や疑問を挙げたら、その回答やソリューションとなる情報をコンテンツにしましょう。検索するユーザーには課題を解決できるソリューションや、疑問を解消できる情報が必要なのです。
Googleは、ユーザーの課題を解決できる情報を評価します。

独自性のある内容にする

すでに他のWebサイトで言及されている情報をそのまま真似るだけでは、価値のある情報になりません。Googleは、情報が他のサイトにはない独自の内容かどうか認識しています。

みなさんが持っている知識・知恵でオリジナリティのある情報を検索ユーザーに届けることを意識しましょう。

キーワードに付随する関連テーマにも言及する

検索キーワードで意図している課題に限らず、その周辺にある関連の課題も本文で触れましょう。解決できる課題が増えることもGoogleに評価されるでしょう。

検索キーワードが同じでも、検索ユーザーが考えていることは千差万別です。人によってたくさんの課題や疑問があることを想定して、様々な課題に応えられるコンテンツを目指しましょう。


お問い合わせする

SEOライティングで意識するコンテンツ構成と書き方

SEOライティングで意識するコンテンツ構成と書き方

SEOに効果的なライティングにはコツがあります。どんな文章構成にするといいかポイントを解説します。

タイトルの決め方

タイトルは、最も端的にページを要約する要素です。SEOにおいてもタイトルは一番最初に目にする要素で、重要な役割を担っています。
タイトルには、ターゲットキーワードを必ず含めましょう。そしてターゲットキーワードはできるだけ前方に入れてください。検索結果に表示されるタイトルに検索キーワードがあると、検索ユーザーの目に止まり興味を引くでしょう。

また、タイトルの文字数は30文字前後にしましょう。検索結果に表示されるタイトルの文字数は30文字前後です。表示文字数以上のタイトルは、「…」と表示され省略されます。

見出しで構成を決める

本文の中では見出しを設けます。見出しは、見出しの下に書かれる本文のテーマが表れる要素です。また、見出しは本文を要約した端的な一文とも言える重要なパーツです。

見出しを複数並べると、どのような内容の記事か大枠の構成を決められます。本文を書き始める前に見出しの構成を決めることで、SEOキーワードに必要な本文のテーマを整理できるため、ライティングが効率的になるでしょう。

見出しは、大見出し・中見出し・小見出しのように階層化できます。見出しによって検索キーワードの課題に対応する情報をテーマごとに階層構造にすると、検索ユーザーにもわかりやすいでしょう。

導入文の書き方

本文の冒頭から始まる文章を導入文といいます。導入文は、当然ですが検索したユーザーが最初に読む文章です。そのページにどのような内容が書かれているか想像できないと、ユーザーは離脱する可能性があります。とくにユーザーの課題を解決できるかどうかがポイント。

導入文には、「検索したときの課題や疑問を解決できる情報が、ページ内に書かれている」とユーザーが認識できる内容があるといいでしょう。

また、短文で解決可能な情報であれば、導入文に情報を記載することで、検索ユーザーは時短で解決できるのでオススメ。詳細の情報は文中に記載すると、興味をもった検索ユーザーが読み進めるでしょう。

本文で意識するポイント

本文の内容はコンテンツの中でもちろん重要な要素です。SEOライティングでは、本文は検索の課題や疑問を解決する情報を中心に記載することが重要。
検索キーワードを多用しすぎると、キーワードの詰め込みすぎとGoogleが判断する可能性があるので注意しましょう。課題解決する情報を書けば、自然と検索キーワードや関連する用語で構成された文章になります。

重要なポイントは、検索ユーザーの課題や疑問が解決できるかどうかです。検索キーワードや共起語を入れることではありません。テクニックに走りすぎず目線をユーザーに向けることが大切です。

内部リンクの貼り方

検索キーワードと関連性が高い他のページにリンクすることも効果的です。調べたい課題に関連した情報価値が他のページにある場合、ページ内から他のページに内部リンクを設置することで、検索ユーザーにとって有益な情報を提供できます。

関連リンクを設置する場合、リンクのアンカーテキストにも一工夫しましょう。アンカーテキストにはリンク先ページのSEOキーワードを含めたタイトルを設定しましょう。Googleはアンカーテキストの内容も認識しています。どんなテキストがリンクしているかによって、リンク先のページのテーマ性を把握するため、SEOにとっても重要でしょう。

また、SEOライティングで作成したページには、関連する他のページから該当ページに内部リンクを設置しましょう。関連テーマやキーワードのページ同士で内部リンクを貼ることも、関連性向上やクローラビリティ向上につながります。

既存ページのリライトも重要

既存ページのリライトも重要

新規ページは作って終わりではありません。検索上位に表示するだろうと考えてライティングした内容でも、必ずしも1位になるとは限りません。1度で終わらせずリライトでブラッシュアップしていくことで、情報価値の密度を上げましょう。

コンテンツページの現在の検索順位がわかると、より検索上位のページと比較検証できます。どのようなテーマの内容が不足しているか、タイトルの付け方、導入文の書き方、見出し構成の違いなど差分を分析します。

リライトでは、分析を元に情報の追加やテキストの伝え方を調整することで、よりGoogleに評価されやすいコンテンツにレベルアップするでしょう。

検索順位が上がるSEOライティングをフルサポート

SEOライティングは、検索ユーザーの課題を解決するソリューションと言えます。解決する情報価値を届けるために、ライティングではタイトルや見出しの最適化や適したコンテンツ内容の構成を考える必要があります。

ライティングは誰でもできますが、Googleが評価するSEOライティングはSEOスキルも必要で社内に体制をつくれない企業も多いです。

クーシーでは、SEOに強いコンテンツ作成・SEOライティングを支援しています。各ページのSEOだけでなくドメイン全体の評価が向上する設計を行います。クーシーのSEOライティングでは、キーワード設計からアウトライン作成、原稿執筆・編集までワンストップでサポートします。

新規のコンテンツ制作以外にも、既存ページのSEOリライトにも対応しています。社内リソース不足やSEOノウハウがない場合には、リライトもクーシーが支援します。

Webサイトの状況や課題によって、対応方法は細かく調整するので、お困りのときは問い合わせからご相談ください。

お問い合わせ

Webサイトデザインについての
ご相談はこちら。

お問い合わせする

Webマーケティングについて、
様々なことにサポートいたします。

  • Web集客

    Webマーケティング・クリエイティブ制作を駆使して、流入対策からコンバージョン率改善までWeb集客全体の改善・高速PDCAを提供します。

  • リスティング広告

    検索連動型広告やディスプレイ広告を課題・目標に合わせて設計・運用改善・最適化します。インハウス化の支援も行います。

  • Amazon広告運用

    購入意向が高いユーザーに向けてAmazon内で、検索連動型のスポンサープロダクト広告などの運用型広告を配信します。売上やROASの最適化を支援します。

  • SEO
    コンサルティング

    日々進化するGoogleのアルゴリズムに対して、検索順位を着実に上げるWebサイト構築と改善施策を実行します。

  • SEOライティング

    SEOに有効な記事コンテンツのライティングを提供します。キーワードの最新検索結果の分析によって、上位表示する原稿を執筆します。

  • Google
    アナリティクス
    アクセス解析

    アクセス解析によるレポーティング、結果を出すための施策設計や仮説検証でグロースハックします。

  • オウンドメディア構築・運用代行

    オウンドメディアに関する戦略策定・サイト構築・記事編集・コンテンツSEO・SNS運用など必要なメディア構築・運営機能を提供します。

  • Googleマイビジネス運用

    Googleマイビジネスを活用した店舗集客やローカル検索のMEOを導入からデータ分析・改善・運用代行まで支援します。

  • EFO

    成果が上がるデザイン、コンテンツ、UI/UXへの改善によりコンバージョン率向上を実現します。

  • チャットボット

    チャットボットで確実に成果を出すためには、シナリオ設計と導入後の運用改善が重要です。ツール導入検討から設計・運用まで支援します。

  • Webサイト構造化

    目的やコンテンツに合わせた適切なUI/UX、構造化データマークアップでSEO対策するサイト構造の設計を行います。

  • Twitter広告運用

    Twitterのフォロワー獲得やWebサイトのコンバージョン拡大、目的やKPIに合わせた広告設計と運用改善を行います。

  • Facebook広告運用

    Facebookユーザーに対して最適なコミュニケーション設計でコンバージョン拡大やファン数拡大を行います。

  • Instagram広告運用

    ユーザー数が日々成長中のInstagramで、適切なターゲットに最適なクリエイティブを広告配信し効果改善を行います。

  • LPO

    LPを最適化する施術。A/Bテストによりページデザイン、コンテンツ内容による違い、高速化などの効果検証をしてKPI目標達成へ導きます。

  • Search Console
    解析

    検索流入パフォーマンスの分析や、Googleのインデックス状況の検証によりSEOの改善を行います。

インターネットサービスに役立つ情報マガジン