BERTとは?仕組みやSEOで意識するべきこと

カテゴリ

詳細を開く
横田みのり

Googleにより、BERTという検索クエリの解析技術が導入されました。BERTは検索クエリの多様化・複雑化に対応するためのものです。BERTが導入されたことにより、SEOにはどのような影響があったのでしょう。BERTとは何か、BERTを意識したSEOについてご紹介します。

BERTとは

BERTとは?

BERT(Bidirectional Encoder Representations from Transformers)とは、Googleで導入されている「自然言語処理技術」のことです。日本語では「バート」と読みます。BERTは、人間が使う言葉をコンピューターに理解させる技術で、会話のような文章からユーザーの感情を読み取ったり、文章を解析したりする能力に長けています。コンピューターが人間の言葉をより正確に解析できるようになれば、検索エンジンに入力された言葉からユーザーの検索意図をより正確に読み取ることも可能です。

SEOでは、ユーザーの検索意図に最適な検索結果を表示させるために、日々改善が行われています。BERTもその1つで、Googleは2019年にBERTアップデートを実施しました。BERTアップデートの後は、検索結果も影響を受けています。

自然言語処理とは

自然言語処理は、人間の言葉や会話を機械で解析する処理技術のことを指します。自然言語とは、人が日常で書いたり話したりする言葉のことです。言葉は同じ単語でも意味が異なったり、人間の会話では文脈によって解釈が異なったりと複雑です。自然言語処理を使えば、人間の会話のようなあいまいな文章からも、より正確に人の感情や検索意図を解析できます。
自然言語処理は高度で汎用性のある技術のため近年でも注目度が高く、さまざまな分野で活用されています。たとえば、スマートスピーカーやチャットボット、PCやスマートフォンの予測変換などでも自然言語処理の技術が使われています。

BERTの仕組み

BERTは、自然言語処理の言葉や文脈を理解するだけでなく「事前学習機能」が備わっています。BERTでは、AI(人工知能)へ特定のデータを解析させた結果を他のデータ解析に役立てられるのが特徴です。BERTの自然言語処理と事前学習機能は、SEOの検索クエリの解析にも役立ちます。検索エンジンの検索クエリの解析能力が向上すれば、よりユーザーの検索意図に合ったWebページを検索結果に表示させられるのです。

GoogleがBERTアップデートを実施した背景

GoogleがBERTアップデートを実施した背景をご紹介します。

検索クエリの多様化

検索クエリの多様化

GoogleがBERTアップデートを実施した理由の1つに「検索クエリの多様化」があげられます。スマートフォンが普及したことにより、ユーザーは知りたいことを気軽に検索できるようになりました。さまざまなキーワードで検索されるようになり、検索クエリも多様化したのです。

たとえば、自宅でおいしいコーヒーを飲みたい!と思ったユーザーは「おいしいコーヒー」「おいしいコーヒー豆」「コーヒー おすすめ」「コーヒー豆 おすすめ」など、さまざまな検索クエリで検索するでしょう。
「おいしいコーヒー」の検索クエリで検索された場合「自宅でおいしいコーヒーを飲みたい」というユーザーの他に、「おいしいコーヒーが飲めるお店が知りたい」というユーザーの可能性もあります。「おいしいコーヒー豆」であれば「自宅でコーヒーを飲むためにコーヒー豆を探している」というユーザーニーズを読み取れます。
検索クエリが全く同じでも、ユーザーニーズが異なる場合があります。似ている検索クエリでも、一文字違えばユーザーのニーズが異なる場合もあるのです。

ユーザーは、自分が知りたい情報にすぐたどり着くために、キーワードを複数入力し情報を絞り込んで検索する、という行動を日常的に行なっています。複数のキーワードの組み合わせ次第で、検索クエリの数も増えていくため、検索クエリは多様化しているのです。

検索クエリの複雑化

近年では「音声検索」を利用して、知りたい情報を検索するユーザーも増えています。音声検索と言えば、GoogleやAppleのアシスタント機能が有名です。たとえば「OK Google」とスマートフォンに話しかけることで、アシスタント機能が立ち上がり、続けて「渋谷で人気のラーメン屋さんを教えて」と話しかけることで、ユーザーの知りたい情報が提示されるのです。一方、スマートフォンの普及や技術の進歩により可能になった音声検索は、検索クエリの複雑化を進めています。

音声検索では人間の話し言葉で検索されることが多いため、長文になりがちです。会話のような文章は前後の文脈によって意味が変わることもあります。音声検索が増える中、検索エンジンはこのような複雑な検索クエリから、ユーザーの検索意図をいかに正確に読み解けるかが重要になります。

BERTアップデートの影響

2019年にGoogleのBERTアップデートが実施されています。BERTは、会話のような長い検索クエリの解析技術を向上させるために導入されました。BERTアップデートが実施されたことで、会話型の検索クエリで検索された際、より関連性の高い検索結果を表示できるようになりました。一方、単語で検索されるような短い検索クエリに与える影響は少ないという特徴が見られます。

BERTを意識したSEOとは

BERTを意識したSEOとは

検索エンジンはBERTの導入により、会話型の長い検索クエリの解析精度が上がりました。よりユーザーの検索意図にあった検索結果が出せるようになったのです。SEOでは、ユーザーに有益なWebページが検索上位に表示されるので、BERTが導入されたからといって今までのSEOで意識していたことを大きく変更する必要はありません。BERTを意識したSEOについてご紹介します。

ユーザーの検索意図を意識する

BERTアップデートが実施されたことで、検索エンジンはユーザーの検索意図をより正確に解析できるようになりました。そのため、BERTを意識したSEOでは、ユーザーの検索意図を意識したWebページを作ることが重要だと言えます。ユーザーの検索意図が考慮されていないWebページは、ユーザーにも有益なWebページと言えないため、検索エンジンからの評価も低いでしょう。Webページでユーザーが求める情報を網羅できているか、ユーザーの検索意図に合った内容になっているかを意識することが大切です。

わかりやすい文章にする

Webページの作成では、ユーザーや検索エンジンにわかりやすい文章で作成されているかも重要です。誤字脱字がないか、一文が長すぎないかなど、ライティングの基本を忘れないようにします。SEOライティングでわかりやすい文章を書く際には以下をチェックするといいでしょう。

  • 誤字脱字がないか
  • 一文が長すぎないか
  • 接続詞を正しく使っているか
  • 文章が冗長的になっていないか

E-A-Tを考慮する

SEOでは、E-A-Tに基づくWebページの作成も重要です。E-A-TとはSEOライティングで重要とされる「専門性」「権威性」「信頼性」を意味します。専門性であれば、データの情報元を記載したり専門家のインタビューを記載したり、専門的な情報を入れることも重要です。権威性は、Webサイトの運営元を明確にしたり、被リンクを獲得することもポイント。信頼性では、Webサイトで紹介している情報の信頼性が問われます。別のWebサイトから情報を引用する場合は、情報元を明記したり、信用できるWebサイトから引用するなどを意識してください。

参考

まとめ

BERTは多様化し複雑化するクエリに対応できるよう、Googleによって開発された自然言語処理技術です。BERTにより、さまざまな検索クエリからユーザーの検索意図を正確に読み取る解析技術が向上しました。SEOで高評価を得るためには、よりユーザーの検索意図を意識したWebページを作成することが重要です。

Share on

お問い合わせはこちら

SEOの課題はクーシーが解決します

  • SEO
    コンサルティング

    日々進化するGoogleのアルゴリズムに対して、検索順位を着実に上げるWebサイト構築と改善施策を実行します。

クーシーのWeb制作実績

すべての制作実績をみる

SEOに役立つ記事はこちら

カテゴリ一覧

COOSY BLOG TOP