Our service

Amazon広告運用サービス

Amazonに出店したけど売上が増えない・売上が少ない企業も、Amazon広告に取り組むことで、売上を拡大できるようになってきました。

Amazon広告は商品購入者にアプローチできるため、Google広告などの運用型広告よりも購入に直結した広告です。クーシーでは、各種ECモールの広告や検索連動型広告などの運用に長けたアナリストが、Amazon広告の下記のような課題に対応し、利益を最大化します。

売上課題 ・Amazon全体の売上をもっと伸ばしたい
・短期間で売上を増やしたい
成果改善課題 ・ROASを上げたい
・商品利益率に合わせて運用し、利益を上げたい
人材課題 ・広告を運用できる人が社内にいない
・自社の広告運用では売上がこれ以上、上がらない

Amazon広告とは?ほかとは違う特徴・利点

Amazonの集客力は抜群に高い

Amazonは、商品の購入検討をしている人が多いです。なにかを買おうと思ったとき、Googleで検索せず直接Amazonで検索していませんか?
Googleで検索しても、Amazonが検索結果の上位に表示されていることも多くSEOに強いです。このように、Amazonは何か商品を購入しようと思っているユーザーとの距離が近いことが特徴です

言いかえると、購入率が高いユーザーが多いAmazonで広告訴求できるのは、売上増加に直結しやすいということ。
たとえば、これから掃除機を買い換えようとしている人がAmazonで「掃除機」と検索すると、Amazon広告が検索結果に表示されます。掃除機の広告をクリックしたユーザーは要望に叶った商品であれば購入確度が高いのです。

Google検索は購入意向が高い人も低い人も玉石混交で、Amazonは購入意向が高い人のシェアが高いです。そのため、GoogleよりもAmazonのほうが購入率が高いケースが多く、売上を上げるためにはAmazon広告のほうが向いています。

購入率が高いと、ROASや利益率を高めやすいこともポイント。物販は粗利率の差はあれど、1注文に対して掛けられる広告費には限界があります。利益を左右する広告で、購入率が高いショッピングモールはそれだけで自社に有利に働きやすい利点。

Amazon広告の種類

Amazonの3つの広告イメージ

Amazon広告には大きく分けて3つの広告メニューがあります。

スポンサープロダクト広告

Amazonの検索結果に表示する広告で、商品1種類ずつを広告訴求します。クリック課金制のため、運用ではCPCをコントロールしてKPIに合わせて最適化します。

キーワードを選んで広告配信するため、Google広告などリスティング広告と類似している広告で、商品にフィットした関連性が高いキーワードに配信することで、購入率が格段に改善し、売上が増加します。

Amazonの検索結果で、自社商品を上位に表示できていない企業にはとくに適している広告メニューです。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、複数の商品とロゴ・見出しで訴求する広告です。スポンサープロダクト広告と同様に、キーワードの指定ができるため、関連性が高いキーワードで広告配信し、いくつかの商品をユーザーに提案することができます。

CPCでコントロールができるので、広告効果に合わせて配信調整できる点も同様です。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、Amazonのトップページや商品詳細ページ、検索結果ページのほか、提携しているWebサイトやアプリに表示する広告です。

ターゲティングが特徴で、商品ターゲティングとオーディエンスの2種類から選べます。商品ターゲティングは、自社商品のカテゴリーや類似した商品のカテゴリーを積極的に閲覧しているユーザーに広告配信できます。
オーディエンスは、購入履歴データや、興味関心やライフスタイルなどのカテゴリーによるAmazonオーディエンスを用いて広告配信できます。

Amazonに出店したのに、どうして売れない?

『Amazonは集客力あって売れると聞いたから出店したのに、全然売れなくて困っている』
このようなご相談をいただくこともあります。Amazonの仕組みをうまく活用できないと、集客力あるAmazonでも商品を売ることはできません。売れない理由はたとえば下記。

検索結果の上位に商品が表示されていない

Amazonを利用するユーザーの多くは、検索して検索結果から商品を選ぶ・比較検討しています。検索結果の1ページ目に自社の商品が表示されていない=ユーザーの検討候補・選択肢に入らない、ということです。

検索結果の並び順のアルゴリズムは、Amazonが独自で開発しています。アルゴリズムは適宜更新されるため、常に一定ではありませんが、たとえば下記のようなシグナルをもとに並び順が決定されています。

・タイトルや商品詳細などに検索キーワードを含む
・注文数
・売上金額
・商品単価
・レビュー数
・レビュー平均評価
・在庫数


上記の通り、実際の購買データやレビューデータをもとに検索結果の並び順が決まっている以上、出店したばかりで自社商品が売れていない・レビューが少ない状況では、上位表示することは難しいのです。

レビューが少なすぎる商品は購入率が低い

ユーザーは、商品画像や説明のほか、レビューをじっくり読んでいます。いい評価も悪い評価も読んで判断します。

そういう比較検討に慣れているAmazonユーザーが、レビューが少ない商品を見ると、検討できない・怪しい・問題ないか不安など購入のハードルを上げてしまいます。結果、購入率が上がらず、注文数が増えません。

新商品や出店したばかりのときには、レビューがゼロ〜少ない件数のため、立ち上がりに時間がかかります。

商品詳細ページで顧客への提案が弱い

商品をとりあえず登録して、そのままにしていませんか?
ユーザーは商品詳細ページを開いたら、画像を順々に見る、価格を比較、商品の説明を読み込む、Q&Aで気になるところを探すなど、情報を集めていきます。

・情報が少ない
・情報から特徴やベネフィットを得られない
・商品の魅力を伝えきれていない


このような状態のままでは、購入率は上がらず、売れません。
画像やテキストの情報を作り込むことはユーザーにプレゼンする準備でもあります。

Amazon広告で売れる仕掛けをする

自社商品が売れない上記のような状況は負のループです。このループから抜け出し、正のループに変化させるために出番となるのがAmazon広告。

Amazon広告は、検索結果に商品を表示することができる広告です。レビューが少ない・検索結果の1ページ目に表示できていない自社商品も、関連性が高いキーワードで検索するユーザーに、自社商品を表示できます。

いままで見られる回数が少なかった商品へのアクセスが増え、徐々に売れるようになる。売れたあとにレビューが書かれることで、高評価が増えてくる。さらに購入率が上がり、売上が増える。
このような好循環のループに変えていくことが、Amazon広告の仕掛けで実現できます。

Amazon広告を最大限に活かす

Amazon広告は代理店だけでなく、自社で運用することも可能です。自社運用で売上がうまく上がっていっている企業もあります。
しかし、多くの企業では広告配信データ・購買データを活用して、広告配信の最適化ができる人材がいません。自社で運用している企業も「最適」とは言えない広告配信のケースは意外と多いです。クーシーでは広告配信を最適化することで、売上やROAS、利益率など各種KPIを改善します。

  • 購買・広告データで売れるキーワード・商品にフォーカス

    購買・広告データで売れるキーワード・商品にフォーカス

    Amazon広告は、検索連動型広告と同様にキーワードと自社商品のマッチングが非常に重要。広告運用では、購買・広告データから関連性が高く購入率が高いキーワードに絞りこんだり、ニーズに応えられるキーワードに配信拡大したり、マッチング精度を向上します。

    商品ごとに利益率や商品単価が異なり、ROASだけで運用すると利益が大きくなりません。ROASが高ければいいわけではありません。各商品の販売価格・利益率に合わせて広告配信を最適化することで、全体の利益額・利益率を最大化できます。
    また、在庫状況をモニタリングしながら、在庫量によって広告の予算配分を変え、在庫があって利益を増やせる商品に予算を配分していくことも重要です。

  • モール広告・検索連動型広告の全体でリバランス

    モール広告・検索連動型広告の全体でリバランス

    Amazonのほかにも楽天・Yahoo!ショッピングに出店している企業は、楽天・Yahoo!ショッピングの広告配信を利用できます。

    Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングは、それぞれ集客や顧客層が異なるので、購入率や顧客単価が全く3社で違うことも多いです。広告においてもクリック単価や設定できるキーワード数など違いがあります。

    また、自社でECサイトを運営している企業は検索連動型広告・ショッピング広告を配信していることも多いです。

    3つのモール+検索連動型広告をそれぞれの個別最適ではなく、すべてのチャネルで全体の利益額・利益率が最大になるように全体最適化します。

  • 売れる商品ページに改善

    売れる商品ページに改善

    ECサイト・モールでは、商品詳細ページはもっとも重要なページ。意外と商品詳細ページは、写真と基本情報のみ登録して放置されているケースが多いです。
    しかし、商品詳細ページに掲載される画像・情報・レビューが購入率を左右します。

    クーシーでは、本来もっている商品の魅力をユーザーに適切に届けるために、サムネ画像の制作・商品説明の情報設計、登録などを行い、購入率UPを支援します。

    広告運用のデータアナリストとアートディレクターがワンストップで対応するため、デザインクオリティと広告効果を両立したスピーディーな運用が可能です。

Amazon広告のプロフェッショナルにお任せください

Amazonで売上・利益を拡大するためには、Amazonの仕組みを上手に活用しなければなりません。最大限に活用するために、KPIマネジメントと改善運用でキードライバーを1つずつ向上させます。
Amazon広告は、Amazonを好循環ループに持っていくために最適な施策です。またリーチを拡大し、定常的な売上・利益増加のツールとしても有効です。広告費を掛けるためには売上・利益の全体最適化が必要で、クーシーではマーケティングとクリエイティブのプロフェッショナルが貴社のAmazon運営を支援し、パフォーマンスの最大化を実現します。Amazonでの売上・利益の増加やAmazon広告の配信を検討している方は、どんな些細なことでもご相談ください。

お問い合わせ

Webサイトデザインについての
ご相談はこちら。

お問い合わせする

Webマーケティングについて、
様々なことにサポートいたします。

  • Web集客

    Webマーケティング・クリエイティブ制作を駆使して、流入対策からコンバージョン率改善までWeb集客全体の改善・高速PDCAを提供します。

  • リスティング広告

    検索連動型広告やディスプレイ広告を課題・目標に合わせて設計・運用改善・最適化します。インハウス化の支援も行います。

  • Amazon広告運用

    購入意向が高いユーザーに向けてAmazon内で、検索連動型のスポンサープロダクト広告などの運用型広告を配信します。売上やROASの最適化を支援します。

  • SEO
    コンサルティング

    日々進化するGoogleのアルゴリズムに対して、検索順位を着実に上げるWebサイト構築と改善施策を実行します。

  • Google
    アナリティクス
    アクセス解析

    アクセス解析によるレポーティング、結果を出すための施策設計や仮説検証でグロースハックします。

  • オウンドメディア構築・運営支援

    オウンドメディアに関する戦略策定・サイト構築・記事編集・コンテンツSEO・SNS運用など必要なメディア構築・運営機能を提供します。

  • Googleマイビジネス運用

    Googleマイビジネスを活用した店舗集客やローカル検索のMEOを導入からデータ分析・改善・運用代行まで支援します。

  • EFO

    成果が上がるデザイン、コンテンツ、UI/UXへの改善によりコンバージョン率向上を実現します。

  • チャットボット

    チャットボットで確実に成果を出すためには、シナリオ設計と導入後の運用改善が重要です。ツール導入検討から設計・運用まで支援します。

  • Webサイト構造化

    目的やコンテンツに合わせた適切なUI/UX、構造化データマークアップでSEO対策するサイト構造の設計を行います。

  • Twitter広告運用

    Twitterのフォロワー獲得やWebサイトのコンバージョン拡大、目的やKPIに合わせた広告設計と運用改善を行います。

  • Facebook広告運用

    Facebookユーザーに対して最適なコミュニケーション設計でコンバージョン拡大やファン数拡大を行います。

  • Instagram広告運用

    ユーザー数が日々成長中のInstagramで、適切なターゲットに最適なクリエイティブを広告配信し効果改善を行います。

  • LPO

    LPを最適化する施術。A/Bテストによりページデザイン、コンテンツ内容による違い、高速化などの効果検証をしてKPI目標達成へ導きます。

  • Search Console
    解析

    検索流入パフォーマンスの分析や、Googleのインデックス状況の検証によりSEOの改善を行います。

インターネットサービスに役立つ情報マガジン