Our service

スマートフォンアプリデザイン

スマートフォンのアプリを利用していると、その端末に適していないUIのアプリを見かけます。いまさら聞けないWebサイトとスマートフォンアプリの違いや、iOSとAndroidの違いなどを知ることで、最適なデザインを作る基本的な知識を身につけることができると思います。

Webサイトとスマートフォンアプリの違い

Webサイトは基本カテゴリ構造のためカテゴリ間の遷移、カテゴリ内での遷移が自由に行えます。遷移のアーキテクチャもボタンであり、ユーザーはサイト内を回遊し自分が欲しい情報を見つけます。
一方スマートフォンは直列型で遷移します。画面を縦スクロールし、見たい情報があればタップしてその情報を見ます。カテゴリーという概念は無く、縦スクロールして詳細を見る。また、縦スクロールして詳細を見る。という動作を繰り返します。遷移のアーキテクチャも画像や領域になっています。

iOSのプッシュ遷移とモーダル遷移

iOSは基本プッシュで右方向に遷移していきます。下から画面が被さるモーダル遷移は基本その動作が1アクションで閉じる場合に利用します。
プッシュで右方向に遷移していくためNavigation Bar(ナビゲーションバー)の左上には必ず また、よく使う機能などはTab Bar(タブバー)で表示します。

AndroidとiOS、UIの違い

Androidではこのプッシュ遷移という概念がありません。Android用にデザインされたアプリは設計時に右へ遷移し続けて戻るという形は取らず、画面が切り替わる前提で設計しています。AndroidではToolBarを利用することで戻るボタンを付けますが、iOSとは設計の考え方が異なります。

iOSとAndroidのデザインは変えたほうが良いの?

上記で書いたような特性も違います。iOSはヒューマンインターフェイス、Androidはマテリアルデザインというデザインのガイドラインを持っています。これについて詳しく知る必要はあまりないと思います(概要は知っておいた方が良いですが)。
特性やガイドラインにより他のアプリはiOSっぽいデザインとAndroidっぽいデザインに分かれています。自分がAndroidのアプリを毎日使っていて、何か変だぞ?と感じたら気持ち悪いですよね。iOSとAndroidは違うデザインを用意することをお勧めします。
また、デザインによって開発工数や運用コスト、更にはストアの評価に関わることもあります。安易にデザイン工数のみで判断せず、トータルのコストで判断しましょう。

クーシーではスマートフォンアプリのデザインから、開発、保守運用をワンストップで提供しております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Webサイトデザインについての
ご相談はこちら。

お問い合わせする

Webデザインについて、
様々なことにサポートいたします。

  • UI/UX

    多くのWebサービスを手がけたことにより蓄積されたノウハウで、最適化したUI/UXを提案します。

  • 情報設計

    ユーザーストーリーからSEOまで考慮し、情報の優先順位をサイト構造・ページ構成両面から考えます。

  • Webサイトデザイン

    EC、コーポレート、eラーニング、SNS、基幹システムなどあらゆるジャンルのWebサイトを手がけています。

  • コーポレート
    サイトデザイン

    各ステークホルダーに合わせて情報設計を行い、企業のブランディングが伝わるデザインを心がけています。

  • BtoBサイトデザイン

    BtoBのWebサイトは業務効率化に直結します。サービス利用時のベネフィットを意識してデザインします。

  • 採用サイトデザイン

    新卒と中途では欲しい情報のニーズが異なります。ターゲットに向けて応募率を高めるようにデザインします。

  • スマートフォンアプリ
    デザイン

    指で操作するスマートフォンはPCとは異なります。最高のユーザー体験を創出するデザインを行います。

  • 動画作成

    インターネットで動画を見るユーザーが増加しています。コンテンツ動画など企画から撮影・編集を行います。

  • HTML/CSS
    コーディング

    複雑化したHTML/CSSの構築実績を持つ制作会社は多くありません。マークアップと多様なブラウザ対応を行います。

  • SSL化対応

    SSL証明書の取得から設置・移管まで、ワンストップサービスを提供しています。

  • SPA対応

    主にAngular/Vue/ReactなどのJavaScriptフレームワークを用いたSPAを設計から実装まで行います。

  • PageSpeed
    Insights対応

    PageSpeed Insightsの項目に沿った表示速度改善の設計と、ページ/システムの改修を行います。

  • AMP対応

    モバイル端末でWebページを高速表示するための技法です。コンテンツの設計や、開発・改修を行います。

  • SEO内部対策

    SEOコンサル会社では提案できないキーワード選定からカテゴリ構造化を行います。SEO対策もお任せください。

  • WordPress構築

    利用者ごとの権限の設定や管理画面の構築を使う人がより使いやすいCMS。環境構築、運用までを考慮して設計します。

  • MovableType構築

    WordPressにセキュリティ的な懸念をお持ちのお客様にはMovableTypeをお勧めしてます。多言語化にも対応可能です。

インターネットサービスに役立つ情報マガジン