トピッククラスターとは?SEOで重要な理由と実践方法も紹介

カテゴリ

詳細を開く
横田みのり

トピッククラスターは、SEOに強いWebサイト構造だと言われています。近年トピッククラスターを取り入れているWebサイトも多く見られます。トピッククラスターとはどのような構造なのか、SEOに与える影響はどのようなものなのでしょうか?トピッククラスターのメリットや実践方法などもご紹介します。

トピッククラスターとは

トピッククラスターとは?

トピッククラスターとは、Webサイトの複数のコンテンツをグルーピングにより整理する1つの方法です。Webサイトでは複数のコンテンツを取り扱うことも多いでしょう。複数のコンテンツを関連性の高いものでグループ分けができる場合、関連性の高いコンテンツを内部リンクでつなぐことで、Webサイト内のコンテンツを整理できたり、ユーザーが知りたい情報にたどり着きやすくなったりします。

トピッククラスターでは、コンテンツを包括的な内容を扱うメイントピックと、メイントピックの詳細な内容を扱うサブトピックに分けます。メイントピックが柱となり、1つのメイントピックに複数のサブトピックを内部リンクでつなぐことで、1つのグループができるのです。
メイントピックに複数のサブトピックがぶら下がっている状態がトピッククラスターです。トピッククラスターは、関連性の高いテーマのコンテンツを内部リンクでつなぐため、コンテンツ同士の関連性の高さを検索エンジンやユーザーに伝えられます。

たとえば「SEO」がメイントピックの場合「内部リンク」「ドメインパワー」「タイトルタグ」など、メイントピックの専門的なテーマがサブトピックです。トピッククラスターでは、メイントピックをピラーページ、サブトピックをクラスターページと呼びます。1つのピラーページに対し、複数のクラスターページが紐づくイメージです。

ピラーページ

ピラーページとは?

ピラーページは、Webサイトの柱となるWebページです。ピラーページでは、ビッグキーワードなど、ユーザーの検索意図が広くて浅いテーマを扱います。ピラーページは、メイントピックを包括的にカバーし、専門的な内容はクラスターページで掘り下げるイメージです。メイントピックの専門的な内容は解説しすぎないのがピラーページの特徴。
ピラーページのメイントピックについて、より専門的な内容を求めるユーザーは、ピラーページに設置された内部リンクでクラスターページへ遷移します。Webサイトでは、ピラーページを柱としたWebページ群ができることで、Webサイトの構造がわかりやすくなるのです。

参考

クラスターページ

クラスターページとは?

クラスターページは、メイントピックの内容を掘り下げたサブトピックを扱うWebページです。クラスターページでは、ユーザーの検索意図が絞られたミドルキーワードやロングテールキーワードを扱います。
たとえば、ピラーページのメイントピックが「就活」なら、クラスターページでは「就活 コツ」「就活 いつから」「就活 服装」のような、より専門的な内容を解説するWebページが必要になります。

トピッククラスターのメリット

トピッククラスターのメリット

トピッククラスターはSEOに効果的なWebサイト構造と言われています。トピッククラスターのメリットをご紹介します。

サイト構造がわかりやすい

トピッククラスターでは、関連性の高いWebページを内部リンクでつなぎ、Webサイトの構造を整理します。Webサイトがトピックごとに整理されている状態になるので、ユーザーや検索エンジンにWebサイトの構造をわかりやすく伝えられるのです。Webサイトの構造が整理されていれば、ユーザーは関連するトピックにたどりつきやすく利便性も高まります。検索エンジンがクロールする際も、内部リンクをたどれるため、Webサイトの内容を正確に把握できます。

関連ページの検索順位底上げにつながる

トピッククラスターのメリットは、関連ページの検索順位底上げにつながる点です。トピッククラスターは、トピックの柱となるピラーページと、より内容を掘り下げたクラスターページが内部リンクでつながっています。トピッククラスターでは関連性の高いWebページ同士を内部リンクでつなぐため、1つのWebページが評価されると、内部リンクでつながった別のWebページの評価も高まりやすくなります。

SEOで高評価を受けたWebページとは別のWebページの評価が高まりやすくなる理由は、リンクジュースでWebページの価値が受け渡されるためです。SEOでは、評価の高いWebページに内部リンクが設置されている点も評価ポイントになります。トピッククラスターは関連性の高いWebページを内部リンクでつなぐため、関連ページの検索順位が底上げしやすくなるのです。

ロングテールキーワードからCVにつなげやすい

ロングテールキーワードからCVにつなげやすい

トピッククラスターでは、ロングテールキーワードで上位表示できているWebページから、コンバージョンしやすいピラーページへの導線を作ることが可能です。ロングテールキーワードは、検索回数が少なく競合性が低いため、上位表示を狙いやすい特徴があります。
立ち上げたばかりのWebサイトや個人で運用するWebサイトなど、ドメインパワーが弱い場合もロングテールキーワードなら上位表示を狙いやすいです。そのため、Webサイトによって、ロングテールキーワードを戦略的に対策することもあります。

トピッククラスターでは、ロングテールキーワードを対策したクラスターページに集まったユーザーをピラーページに、ピラーページに集まったユーザーをコンバージョンしやすいWebページ(キラーページ)に流せる導線を確保できます。トピッククラスターでは、ロングテールキーワードがコンバージョンにつながりにくいテーマでもキラーページへの導線を作れるため、コンバージョンにつなげやすくなるのです。

効率的なWebページ制作が期待できる

トピッククラスターでは、効率的なWebページ制作が期待できます。Webサイトをトピッククラスターにする場合、まずメイントピックを決め、次にサブトピックを決めていきます。メイントピックが決まれば、関連するテーマを洗い出すことで、対策すべきサブトピックが決まります。
Webページを制作する際は、対策するキーワードの優先順位も重要です。トピッククラスターなら、メイントピック、サブトピックの順で決め、サブトピックの中から「検索回数の多さ」や「コンバージョンへのつながりやすさ」などを基準に優先順位をつけられます。Webサイトの運営側も対策すべきキーワードの優先順位を整理しやすくなるため、Webページ制作の効率化が期待できるのです。

トピッククラスターの作り方

トピッククラスターの作り方

トピッククラスターはどのように作ればいいのでしょうか。ここではトピッククラスターの作り方をご紹介します。

トピックを決める

トピッククラスターでは、まずトピックを決めましょう。トピックを決める際は、Webサイトでどのようなターゲットにコンバージョンしてほしいかを考えるといいでしょう。トピックは、Webページを作成する際のキーワードではありません。Webサイトでどのような内容を狙って扱っていくのか、という少し大きい概念で考えましょう。たとえば、下記のようなトピックがあげられます。

  • 30代の転職
  • 子どもの知育教育
  • Webデザインの勉強方法

ピラーページのキーワードを決める

トピッククラスターのトピックが決まったら、ピラーページのキーワードを決めましょう。ピラーページのキーワードは、トピッククラスターのトピックに関連性のあるものを選びます。

たとえば「Webデザインの勉強方法」がトピックであれば、ピラーページのキーワードは「Webデザイン 独学」「Webデザイン 講座」などのビッグキーワードやミドルキーワードを選びます。ピラーページのキーワードを選ぶ際は、トピッククラスターのトピックに興味を持ちそうな人が検索しそうなキーワードかを意識しましょう。

クラスターページのキーワードを決める

ピラーページのキーワードが決まったら、クラスターページのキーワードを決めましょう。クラスターページのキーワードは、ピラーページのキーワードを掘り下げたものになります。

たとえば、ピラーページのキーワードが「Webデザイン 独学」なら、「Webデザイン 独学 メリット」「Webデザイン 独学 コツ」などがクラスターページのキーワードになりえます。クラスターページのキーワードは、ロングテールキーワードになることも多く、複数のキーワードを組み合わせているのも特徴です。

トピッククラスターでは、1つのピラーページに複数のクラスターページが吊り下げられるため、クラスターページのキーワードが重複しないように注意が必要です。同じキーワードで対策したWebページが複数存在すると、正確なSEO評価が受けられず、検索順位が上がりにくくなってしまいます。

内部リンク構造を決める

ピラーページとクラスターページが定まったら、内部リンクの構造を決めましょう。トピッククラスターでは、ピラーページとクラスターページを内部リンクでつなぐことが重要です。クラスターページはピラーページに内部リンクを設置します。クラスターページ同士は、関連性の高さなど必要に応じて内部リンクを設置してもいいでしょう。

トピッククラスターを作る時のポイント

トピッククラスターを作る時のポイント

トピッククラスターを作る時のポイントをご紹介します。

トピックを広げすぎない

トピッククラスターのトピックは広げすぎないことも重要です。たとえば「就活」というトピックの場合、ターゲットとなるユーザー層が広すぎる可能性があります。トピックが広すぎると、ピラーページのキーワードが選定しづらくなることも。トピックには「20代の就職活動」「30代の転職活動」など、ある程度どのようなユーザー層を集客したいかをイメージできるものに設定しましょう。

トピック選びはすでにあるWebページをカテゴリ分けする

トピックを選ぶ際、すでにあるWebページをカテゴリ分けする方法もあります。Webページを複数作成した状態であれば、既存のWebページをカテゴリ分けしてトピッククラスターを作ることも可能です。構造化するために不足しているクラスターページなどがあれば、Webページを新規作成してピラーページの関連性を高めましょう。

クラスターページの内容を簡素化しすぎない

ピラーページでは、クラスターページの内容を集約したWebページとも言えます。ユーザーは、ピラーページで概要を確認し、より専門的な内容を知りたい時にクラスターページへ訪れることも少なくありません。クラスターページは、選んだキーワードに対してユーザーの悩みを解決できるか、知りたい情報が詳しく載っているかを意識して作りましょう。

内部リンクはテキストリンクにする

トピッククラスターで内部リンクを設置する時は、テキストリンクが望ましいと言われています。テキストリンクでアンカーテキストにキーワードを入れることで、内部リンクを設置しているWebページとの関連性をユーザーや検索エンジンに伝えやすくなります。

まとめ

SEOはキーワードだけでなく、Webサイトの構造も重要です。Webサイトの構造を意識するのとしないのでは大きな違いが出てしまうでしょう。トピッククラスターはSEOで注目されているWebサイト構造です。SEO評価が上がりやすいメリットもあります。トピッククラスターなら、ドメインパワーが強くなくても戦略的にコンバージョンへつなげやすいのも特徴。トピッククラスターの構造を利用してSEO 評価へつなげるのも1つの方法です。

参考

Share on

お問い合わせはこちら

SEOの課題はクーシーが解決します

  • SEO
    コンサルティング

    日々進化するGoogleのアルゴリズムに対して、検索順位を着実に上げるWebサイト構築と改善施策を実行します。

クーシーのWeb制作実績

すべての制作実績をみる

SEOに役立つ記事はこちら

カテゴリ一覧

COOSY BLOG TOP