Our service

BtoBサイトデザイン

BtoBサイトはエンドユーザーが一般消費者ではない、また、サイトの用途も業務に近いという点で、通常のWebサイト(BtoCサイト)とはデザインの思考が異なってきます。
このページではBtoBサイトと通常のWebサイトとの違いを、CRM(Customer Relationship Management)開発を例にご紹介したいと思います。

CRM開発で気をつけるポイント

業務効率を最優先に考える

通常のWebサイトは分かりやすく、必要なページに遷移でき、エモーショナルなコミュニケーションをユーザーと行うことが最も大切です。しかしCRMなどのBtoBサイトは毎日業務で開くツールです。最も大切なのは業務効率を上げることになります。
特に企業で働いたことのあるビジネスパーソンであれば、一度くらいCRMのようなシステムを利用したことがあると思います。そこにいきなりBtoCサイトのようなデザインが現れると大分困惑してしまいますね。どうやったら業務効率に繋がるデザインになるかを最優先に考えることが大切です。

グローバルナビゲーションのあり方

CRMなどのサービスは入力項目が非常に多いのと、それを出力する一覧もまた非常に横長になるという特性を持っています。左右にナビゲーションを入れると表示に制限が生まれるため、メニューは上部に横長に入れましょう。

入力時の画面遷移を最小に抑える

例えば100人の会社で全ての社員に対して、メッセージを送るとします。一般的なWebのUIですと、一覧ページがあり詳細ページがあり、一覧から詳細画面を開くという行為を100回繰り返す必要があります。大量の人や商品などに入力が必要な業務があった時は一覧画面で直接入力できるUIにすると業務効率に繋がります。

エクセルでの入力、出力を考える

どんなに頑張ってWebデザインのUIを作っても、エクセルの方が入力しやすかったりします。Webでは通信が入るので当然ではありますが。無理にWebデザインのUIで入力をさせずに、エクセルのダウンロード、アップロードに依存した方が業務効率に繋がることもあります。

余白、入力フォームの幅を抑える

特に最近のスマートフォンなど縦スクロールにストレスを感じないUIですと、大きく余白を取った方が見やすいデザインとなります。また入力フォームもある程度の幅を取った方が入力できる箇所と認識しやすく、更に入力した際に枠いっぱいにテキストがあると窮屈な感じがしてしまいます。
しかしCRMなどの業務系BtoBサイトにおいては、出来るだけ多くの情報を1画面で表示した方が効率的な場合が多いです。例えば見積りの入力などでも上下何度も見返したり、小計と合計値が合っているか確認したりしますよね?業務系サイトデザインでは出来るだけ1画面に情報を表示させるため、余白や入力フォームの幅は極力狭くした方が業務効率に繋がります。

グラフィックを用いて分かりやすく

業務系サイトではとにかくメニュー数が多くなり、たまに使う機能がどこにあるのか分からなくなり、何度も違うページを探してしまうことがあります。出来るだけグラフィックやアイコンを使い分かりやすく、印象的にすることで業務効率に繋がります。

業務系サイトデザインのポイントをご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?初めて業務系サイト開発の担当になる方、業務系サイトのデザインを作るデザイナーには是非参考にしていただきたいと思います。

お問い合わせ

Webサイトデザインについての
ご相談はこちら。

お問い合わせする

Webデザインについて、
様々なことにサポートいたします。

  • UI/UX

    多くのWebサービスを手がけたことにより蓄積されたノウハウで、最適化したUI/UXを提案します。

  • 情報設計

    ユーザーストーリーからSEOまで考慮し、情報の優先順位をサイト構造・ページ構成両面から考えます。

  • Webサイトデザイン

    EC、コーポレート、eラーニング、SNS、基幹システムなどあらゆるジャンルのWebサイトを手がけています。

  • コーポレート
    サイトデザイン

    各ステークホルダーに合わせて情報設計を行い、企業のブランディングが伝わるデザインを心がけています。

  • BtoBサイトデザイン

    BtoBのWebサイトは業務効率化に直結します。サービス利用時のベネフィットを意識してデザインします。

  • 採用サイトデザイン

    新卒と中途では欲しい情報のニーズが異なります。ターゲットに向けて応募率を高めるようにデザインします。

  • スマートフォンアプリ
    デザイン

    指で操作するスマートフォンはPCとは異なります。最高のユーザー体験を創出するデザインを行います。

  • 動画作成

    インターネットで動画を見るユーザーが増加しています。コンテンツ動画など企画から撮影・編集を行います。

  • HTML/CSS
    コーディング

    複雑化したHTML/CSSの構築実績を持つ制作会社は多くありません。マークアップと多様なブラウザ対応を行います。

  • SSL化対応

    SSL証明書の取得から設置・移管まで、ワンストップサービスを提供しています。

  • SPA対応

    主にAngular/Vue/ReactなどのJavaScriptフレームワークを用いたSPAを設計から実装まで行います。

  • PageSpeed
    Insights対応

    PageSpeed Insightsの項目に沿った表示速度改善の設計と、ページ/システムの改修を行います。

  • AMP対応

    モバイル端末でWebページを高速表示するための技法です。コンテンツの設計や、開発・改修を行います。

  • SEO内部対策

    SEOコンサル会社では提案できないキーワード選定からカテゴリ構造化を行います。SEO対策もお任せください。

  • WordPress構築

    利用者ごとの権限の設定や管理画面の構築を使う人がより使いやすいCMS。環境構築、運用までを考慮して設計します。

  • MovableType構築

    WordPressにセキュリティ的な懸念をお持ちのお客様にはMovableTypeをお勧めしてます。多言語化にも対応可能です。

インターネットサービスに役立つ情報マガジン