採用サイトに期待できる5つの効果と運用のポイント

カテゴリ

詳細を開く
三浦まなみ

採用サイトは、採用活動においてたくさんの効果が期待されています。そのため、コーポレートサイトとは別に、採用情報をまとめた採用サイトがある企業も増えていると感じたことはないでしょうか。

今回の記事では、採用サイトに期待される効果と運用のポイントを紹介しています。
ぜひ自社の採用活動の参考に、採用サイトの効果や運用のポイントをチェックして見てください。

採用サイトに期待される効果とは?

採用サイトに期待される効果とは?

コーポレートサイトとは別に、採用に特化した採用サイトを制作する企業が増えています。 なぜなら、採用サイトには、これから紹介する5つの効果が期待されているからです。

1.人材の確保

まず、採用サイトによって、企業が求める人材を確保できることが期待されています。
採用サイトは、採用情報はもちろん、社内の雰囲気や職種の紹介など、さまざまな情報を掲載できます。

採用情報は、求める人材のスキルや経験値などの条件を記載できます。しかし、会社の雰囲気を理解してくれる人材や企業のビジョンに共感する人材を求めるには、限界があるでしょう。

採用サイトでは、社内の雰囲気を伝える社内の様子や職種の詳細を紹介することが可能です。スキルや経験以外での、企業側が求める人材の確保が期待できます。

求職者に情報を伝える

採用サイトは、たくさんの情報を求職者に伝えられます。たとえば、代表や社員のインタビューの掲載や、企業メッセージを写真や動画とあわせて情報発信が可能です。

より多くの情報を得られる採用サイトは、求職者にとって就職活動中の貴重な情報源です。

文字のみで条件が記載されている求人情報は淡々とした機械的なイメージがある一方で、写真や動画を使った採用サイトは、社風を感じられます。条件以外の企業情報は、応募するかどうかの判断材料が増え、自社にマッチする人材の応募意欲を高めるでしょう。

採用サイトは、求職者が、職場を選ぶための貴重な情報がそろっています。働くイメージができやすく、応募してみたいと思われる採用活動に効果的です。

ミスマッチを防ぐ

企業のメッセージやビジョンを視覚的に伝えるだけではなく、オフィスの様子を動画や写真で紹介することも可能な採用サイトは、求職者とのミスマッチを防ぎます。

イメージしていた仕事内容と実際の仕事内容が異なり、退職を選択する人や、他社に魅力を感じ内定を辞退する人もいるでしょう。しかし、採用してすぐ退職してしまう人や内定を辞退する人がいることは、採用活動中の担当者を悩ますポイントです。

採用サイトは、このような採用活動中によくある心配事を解消するメリットもあります。 応募している職業の1日のスケジュールや実際に業務を担当している社員のインタビューを掲載することで、仕事内容のイメージの差を軽減できます。採用サイトを使って、自社の魅力をアピールでき、内定の辞退も減らせる効果も期待できるでしょう。

採用側と求職者との情報のミスマッチを防ぐためにも、採用サイトは役立ちます。

他社との差別化

採用サイトを活用して、他社との差別化の効果も見込めます。

採用サイトは、求人サイトや求人ページと異なり、デザインやレイアウトを自由に制作できます。求人サイトや求人ページは、決まったレイアウトで情報が掲載されています。一方、採用サイトは、ブランドイメージをそのまま採用サイトのデザインに反映できることがメリットです。

たとえば、採用サイトのトップページに写真と企業メッセージを組み合わせて企業のビジョンをアピールします。他には、社長や社員のインタビューなど、オリジナリティのあるコンテンツを掲載できるでしょう。

他社には真似できない内容となり、ブランディングの効果もあります。

求人サイト以外の窓口

一般的に、採用活動をする際は求人サイトを利用する企業が多いでしょう。求人サイトは、求職者がよく使うツールです。

しかし、企業側は採用情報を掲載するために掲載料を支払う必要があります。もし、掲載料を払っている期間内に応募者が現れない場合は、採用活動が終わるまで掲載料を支払い続けることもあるでしょう。

採用サイトを活用すれば、採用サイトからの応募も期待できます。求人情報と合わせて採用サイトからの応募も増えれば、求める人材を採用できる確率も上がるでしょう。さらに、採用サイトからの応募が増えれば、求人サイトの掲載をストップでき、予算の削減のメリットもあります。

効果の出る採用サイトを作るポイント

効果の出る採用サイトを作るポイント

ここでは、効果のある採用サイトを制作するためのポイントを4つ紹介します。

ターゲットを決める

採用サイトを制作する際も、ターゲットを明確に決めてから制作を始めましょう。
採用活動には、大きく新卒・中途採用とターゲットが分かれます。さらに、経験豊富な年代なのか、成長を見越した若年層をターゲットにするのかでも、制作するポイントに違いがでてくるでしょう。

できるだけ詳細にターゲットを決めることで、求める人材の印象に残る採用サイトになります。最終的に、採用活動がスムーズに進む効果があるため、ターゲット像は明確にイメージした上で採用サイトを制作することがおすすめです。

掲載情報の整理

採用サイトは、たくさんの情報を掲載できますが、どんな情報を掲載するべきか整理した上で制作しましょう。

動画は社内や働く様子、人柄を伝える上で効果的ですが、動画の読み込みスピードや音量に注意する必要があります。掲載するコンテンツも、社風をアピールするのか、キャリアプランを紹介するのかなど、求める人材によって効果的なコンテンツの選定も必要です。

求める人材が、興味関心を持ちやすい情報は何か考えて情報を掲載することが大切なポイントです。

伝わる写真を掲載する

一般的なWebサイトでは、無料で使用できる写真素材が使われることがあります。しかし、採用サイトでは、自社で撮りためている写真や新たに写真を撮るなど、自社をアピールできる写真の利用が効果的です。

たとえば、求職者は社内の様子や写真の働く姿など、雰囲気を重視している場合があります。その際に、フリー素材を利用してしまうと社内の雰囲気は伝えられません。採用サイトのメリットである、情報を伝えることができなくなってしまいます。

採用サイトに使用する写真や動画は、求職者が働くイメージをもつための重要な役割を果たします。採用サイトに掲載する写真は、自社の良さが伝わる写真を用意することがおすすめです。

わかりやすい応募方法

採用サイトは、情報の掲載だけでなく、わかりやすい応募方法も重要です。
応募方法がわからない採用サイトでは、採用サイトでアクセスを集められても、求職者の募集がなく採用につながりません。

求職者がすぐにわかる応募ボタンや選考ステップを掲載することで、求職者が安心して応募できる採用サイトを作りましょう。

採用サイトの効果的な運用方法

採用サイトの効果的な運用方法

採用サイトを制作後は、運用も重要です。採用サイトの運用には、これから紹介する3つの方法がおすすめです。

求人サイトとの連携

求人サイトと連携させましょう。採用サイトの制作直後は、採用サイトからのアクセス数が少ないことが一般的です。採用サイトの認知度を上げるためにも、たくさんの人が活用している求人サイトに、採用サイトのリンクを掲載するといいでしょう。

Indeedでは、条件を満たした採用サイトとの連携が可能です。このような機能を活用し、多くの人が利用している求人サイトと採用サイトを連携し、採用サイトを運用しましょう。

説明会との連携

説明会や就活イベントと採用サイトを連携させることで、採用サイトのアクセス数の向上が期待できます。

説明会や、求人イベントに合わせて採用サイトを紹介すると、求人意欲の高い求職者によりアピールできる効果が見込めるでしょう。さらに、イベントでは伝えきれなかったポイントを採用サイトで確認してもらうように案内すると効果的です。

説明会やイベントに合わせた採用サイトの案内は、より求人意欲の高い求職者への認知度アップにもつながります。

SNSとの連携

SNSと採用サイトを連携させて運用する方法もあります。公式のSNSアカウントをもつ企業もたくさんありますが、採用専門のSNSアカウントを運用している企業もあります。

SNSアカウントと採用サイトを連携させることで、SNSアカウントのフォロワーへ採用サイトの認知度を高めます。さらに、SNSのシェア機能を使って情報を拡散してもらうことで、結果として認知度向上が期待できます。

家具やインテリアで有名なニトリでは、インスタグラムで採用情報を発信する専門のアカウントがあります。アカウントのプロフィール欄から、採用サイトへ移動できるようになっており、新卒者がよく利用するインスタグラムを活用した採用活動です。

参考例

データ分析・改善

Webサイトの運用には、分析と改善が必須です。採用サイトも、公開後は運用の分析と改善をしましょう。

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleを利用して、アクセス数や採用サイトの流入経路、問い合わせ数などをチェックします。

アクセス数が少ない場合、他の媒体との連携を強化し認知度の向上が必要と仮説が立てられます。検索から採用サイトへの流入がないケースは、継続してコンテンツを発信する必要が考えられるでしょう。

このようにデータをみて改善しながら、採用サイトを求職者に情報が届きやすいWebサイトへ改善していくことが大切です。

採用サイト運用の注意点

採用サイトの必要性

最後に、採用サイトを運用する際の注意点を2つ紹介します。

エントリー対応

採用サイトのアクセス数が増えると、求職者からの問い合わせも増えることが予想されます。そのために、1日に数回対応する社員が必要です。

エントリーがあった際に、数日放置してしまっては企業の信頼も損なわれてしまいます。 スムーズな対応のためにも、担当者や対応時間を決める必要があるでしょう。

外注する場合

採用サイトの修正や更新、エントリー対応など、社内で対応しきれない場合は、外部の制作会社へ外注するケースがあります。

Web制作会社によって、サポート内容が異なるため、依頼したい内容を整理しておくことがポイントです。採用サイトの運用に外部の制作会社を利用する場合は、内容・費用・期間などをよく確認してから利用しましょう。

まとめ

採用サイトは、コーポレートサイトに掲載する採用ページより多くの情報を掲載できます。さらに、採用サイトを活用することで、企業側の採用活動がよりスムーズになるでしょう。

社内や働く様子を写真や動画で紹介でき、求職者の興味関心を惹きつけて、求める人材を確保できる効果が高まります。求職者側も企業からの貴重な情報を元に、エントリーするかしないかを決めるため、入社前・後のミスマッチを防ぐ効果も見込めるでしょう。

効果のある採用サイトを制作するためには、ターゲットを絞って掲載情報を整理し、わかりやすい応募方法や選考ステップを掲載することが大切です。

他の媒体と連携し、アクセス数を増やしながら採用サイトの改善を重ね、効果のある採用サイトを制作しましょう。

Share on

お問い合わせはこちら

Web制作の課題はクーシーが解決します

クーシーのWeb制作実績

すべての制作実績をみる

Web制作に役立つ記事はこちら

カテゴリ一覧

COOSY BLOG TOP