Share on

勉強し始めるなら今!Web制作におけるFigmaの使い方〜超初級編!【XDから卒業】

勉強し始めるなら今!Web制作におけるFigmaの使い方〜超初級編!【XDから卒業】

Figmaは世界シェア第1位のWebデザインツールです。デザイナーだけでなくノンデザイナーでも気軽に使えるツールとして支持を集めています。

この記事では今注目のデザインツール「Figma」について解説します。Webサイト制作場面を中心にFigmaでできることやメリットを紹介する内容です。

「Figmaを使ってみようかな」と考えている方は、さっと読めるので参考にしてみてください。

Figmaとは

Figma

Figmaは無料で使えるUIUXデザインツールです。誰もがブラウザ上で手軽にUIデザインを作れます。営業資料やバナー、ロゴの作成も可能です。UIUXデザインツールなので印刷物には向いていません。

FigmaとXD

FigmaはAdobeXDとよく似ておりたびたび比較されてきました。両者は機能的にほぼ同じで、日本語対応もされています。XDと比べるとFigmaの方がサクサクと動き、開発スピードは早いです。

Figmaをめぐっては、2022年9月、AdobeがFigmaとの買収合意を発表しました。XDの方は、2022年4月よりアップデートが止まっています。Adobe Creative CloudからXDが姿を消したほか、XD公式ページが「ランニングサポート」という簡易なページに変わっています。

Adobe製品ということもあり日本では一定のシェアを持っていたXDですが、世界的にはFigma一強の状況でした。Figma買収の一連の動きを見ると、日本にもこの流れが来るのではと予想されます。

Figma買収

Web制作におけるFigmaの使い方

一般的にWebサイト制作は以下の流れで行われます。

  1. プロジェクト企画
  2. Webサイト設計
  3. デザイン制作
  4. 実装・システム開発・コーディング
  5. リリース

Figmaが活躍するのは3以降の工程です。詳しく見てみましょう。

「Webサイト設計」におけるFigma

サイトマップやワイヤーフレームの作成に使います。

サイトマップはExcelやPowerPointでも作れますが、Figmaの方が共有が簡単です。クライアントやメンバーに見せながら話し、その場で変更することもできます。

ワイヤーフレームはサイトの設計図です。ページにどんな情報をどんな構成で配置するかを決めます。PowerPointでも作れますが、FIgmaには無料で使える各種テンプレートが用意されており、早くきれいにワイヤーフレームを作れます。

無料で使える各種テンプレート

「Webデザイン制作」におけるFigma

「デザインカンプ」と呼ばれるページデザインもFigmaで作れます。ここまで言葉で共有されてきたイメージをビジュアル化し、印象のずれをなくす工程です。ここでも共有編集できる機能が威力を発揮します。

Figma デザインカンプ

「実装」におけるFigma

Figmaのデザインデータをもとにコーディングします。マージンやパディングなどの数値のほか、画像データもFigmaから書き出し可能です。CSSが表示される機能もあるので、コードをコピペして使えます。

FigmaのSPデザイン

UIUX以外でFigmaにできること

他にも以下のものがFigmaで作れます。

  • WebサイトやWeb広告に使うバナー
  • SNS投稿用画像
  • プレゼン・営業資料
  • イベント記事などのアイキャッチ

Figmaで名刺などの印刷物を作ることも可能です。しかしもともと印刷物むけのツールではないため、CMYKへの変換など工夫すべきところはあります。

Web制作におけるFigmaのメリット

Web制作におけるFigmaのメリットをまとめておきます。

  • ソフトが要らない
  • 開発スピードが速い
  • 共同編集ができる
  • バージョン管理ができる
  • プラグインで作業を効率化できる

ソフトが要らない

ソフトをダウンロード、インストールしなくてもWebブラウザから使えます。費用面でも無料ですべてのデザイン機能を使えるため、導入のハードルは低いです。ただし無料版は3ファイルまでしか使えないので、本格的に導入するなら有料版への移行をおすすめします。

開発スピードが速い

XDも速いですが、それ以上にFigmaの開発スピードは速いです。ツールがサクサクと動けば開発も効率よく進みます。

共同編集ができる

Web制作会社ではデザインは複数人で作り上げていきます。クライアントから修正希望をもらったり、ディレクターにチェックしてもらったりするとき、いちいちファイルを書き出してメールで送っていたら大変です。FigmaならURLを送ってコメントをつけてもらうだけです。共通のファイルに書き込み、修正に反映させられます。

バージョン管理ができる

ファイルのバージョン作成と保存が30分ごとに自動で行われるため、過去のバージョンに戻すことが可能です。ただし無料のStarterプランの場合、バージョン管理期間は30日です。有料プランは制限ありません。

プラグインで作業を効率化できる

標準機能でも便利なFigmaですが、プラグインでさらに便利にカスタマイズできます。
例えば以下のようなことが可能です。

  • アイコンをFigmaに挿入できる
  • 外部サイトから商用利用可能な画像をFigmaに入れることができる
  • 画像の背景を自動で検出して削除する

プラグインはFigmaコミュニティで探します。

Figmaコミュニティ

ソートをかけて「プラグイン」を選択。気になるものを見つけたら「試す」をクリックして、試してみましょう。

「多すぎてどれを使えばいいかわからない!」という人は、弊社デザイナーおすすめのFigmaプラグイン12選をまとめてあります。こちらの記事から使えそうなプラグインを選んでみてください。


デザイナー必読!Figmaのおすすめプラグイン12選【これがなければ仕事にならない】

デザイナー必読!Figmaのおすすめプラグイン12選【これがなければ仕事にならない】

Figmaの導入手順

Figmaの導入手順を紹介します。

アカウントを作成する

Figma公式ページから「サインアップ」をクリック。Googleアカウントまたはメールアドレスとパスワードを入力して「アカウントを作成」をクリックします。

Figmaサインアップ画面

日本語化する

ダッシュボードに入れたら、画面右上のユーザーアイコン横の矢印をクリック。メニューから設定をクリックします。

Figmaダッシュボード画面

「言語の変更」をクリックして、日本語を選択してください(画像ではすでに日本語に変更済み)。

Figma日本語化画面

フレームを作る

「デザインファイルを新規作成」をクリック。

デザインファイルを新規作成

左上のメニューから「井」のアイコンをクリックして①「フレーム」を選択。②右側に出たフレーム一覧の中から適当なものをクリックすると、③白いフレームが現れます。ここにデザインを作っていきます。

Figma フレーム

Figmaの基本的な使い方

Figmaの使い方をシンプルに説明すると、やることは以下の2つです。

  1. 画面左上のツールバーから図形などの要素を追加
  2. 画面右側のプロパティパネルで要素の見た目を調整

基本はこれだけ。場合によってはレイヤーパネルでレイヤーの順番を変えたりします。

Figma レイヤーパネル

Figmaのツールの種類

ツールバーには以下のツールがあります。ショートカットキーと機能をあわせて表にしました。これを見ればツールもひと通り使えるはずです。

ツール Short Cut Key 機能
移動 V フレーム上に追加した要素をドラッグで動かせる
拡大縮小 K テキストの枠をドラッグしてフォントサイズを拡大・縮小できる
フレーム F キャンバス上に任意の大きさの空白フレームを追加できる
セクション Shift + S セクションを追加できる。セクションの中に入った要素はグループとして一緒に移動が可能。
スライス S 書き出したい画像の範囲を指定できる
長方形 R 長方形を追加できる
直線 L 直線を追加できる
矢印 Shift + L 矢印を追加できる
楕円 O 楕円を追加できる
多角形 多角形を追加できる
星を追加できる
画像/動画を配置 Shift +Cmd +K 画像や動画を配置できる
ペン P ペジェ曲線などで好きな形を書くことができる
鉛筆 Shift +P フリーハンドで線が引ける
テキスト T テキストを追加できる
手のひらツール H ドラッグしてキャンバス全体を動かせる。フレームが複数ある時便利
コメントの追加 C コメントが追加できる

ショートカットキーを覚えると、カーソルがフレームとツールバーを行ったり来たりしなくなるので、作業がサクサク進みます。はじめは大変ですが、少しずつ覚えて使ってみましょう。

Figmaの料金プラン

「スターター」「Figmaプロフェッショナル」「Figmaビジネス」「エンタープライズ」の4つのプランがあります。

スターター Figmaプロフェッショナル Figmaビジネス エンタープライズ
無料(期限なし) ¥1,800 (編集者1人あたりの月額)

月払いは¥2,250
¥5,787 (編集者1人あたりの月額)

年払いのみ
¥9,644 (Figma編集者1人あたりの月額)

¥643 (FigJam編集者1人あたりの月額)

年払いのみ

無料プランは個人で使う人向け、有料プランはチームでの作業を快適にしたい人向けです。

例えば「Figmaプロフェッショナル」は1チームで使える以下の機能が入っています。

  • バージョン履歴数無制限
  • 権限の共有
  • チームライブラリ
  • 共有プロジェクトとプライベートプロジェクト

「Figmaビジネス」は複数チームでの開発が想定されており、

  • 組織全体のライブラリ
  • ブランチ機能とマージ機能
  • ファイルの一元管理

などの機能が加わります。

さらに大規模な開発では「エンタープライズ」が適当となるでしょう。

無料プランは期間の制限なしで使えますが、保存できるファイルが3つまでです。個人使用であっても本格的に使っていきたい場合は「Figmaプロフェッショナル」へのグレードアップを検討しましょう。

まとめ

以上、Figmaの概要をお伝えしました。いろいろ書きましたが、百聞は一見にしかず。Figmaを理解するには、自分で触ってみるのが一番です。無料のスタータープランでまずは試してみましょう。慣れてくると、PowerPointのような感覚で使えるはずです。

Web制作を早く快適にしてくれるだけでなく、ノンデザイナーにもやさしいデザインツール「Figma」をぜひお試しください。


ノーコードツール「STUDIO」でサイト制作をする人に知ってほしいメリットとデメリット

ノーコードツール「STUDIO」でサイト制作をする人に知ってほしいメリットとデメリット

お問い合わせはこちらから

Web制作デザイン、丸ごとお任せ

お問い合わせする

Share on

お問い合わせはこちら

CATEGORY LIST