オリジナルコンテンツとは?SEOに必要不可欠!作る時のコツも紹介

カテゴリ

詳細を開く
横田みのり

オリジナルコンテンツとは

オリジナルコンテンツとは

オリジナルコンテンツとは、独自性のあるコンテンツのことを意味します。たとえば、自身の経験談や体験談、自社独自の調査結果などが含まれているコンテンツです。

経験談や体験談では、成功事例だけでなく、失敗事例も価値があるでしょう。企業であれば自社のユーザーへアンケートを実施することも可能です。専門的な内容のコンテンツであれば、専門家に依頼し監修記事を作成する方法もあります。

WebマーケティングでSEOに取り組む企業は多く、世の中にWebコンテンツは溢れています。検索結果で上位表示できる数には限りがあるため、他のコンテンツと差別化するためにも、コンテンツの独自性が重要です。同じ内容のコンテンツが複数あっても、ユーザーへのメリットはほとんどないでしょう。SEOで上位表示を狙うには、オリジナルコンテンツは必要不可欠です。

SEOにおけるオリジナルコンテンツの重要性

SEOで上位表示されるためには、ユーザーに有益な情報を紹介する必要があります。SEOで「質の低いコンテンツ」という言葉を耳にしたこともあるでしょうか。

Googleの公式Webページでは、「Google では、無断複製されたページや、オリジナルのコンテンツがほとんどなくユーザーにとって価値のないページを表示することでランキングに入ろうとするドメインに対して、処置を取ります。」と記載がある通り、オリジナリティのないコンテンツは価値のないページと判断することがわかります。

SEOのコンテンツ作成では、独自性のあるオリジナルコンテンツを作成することが重要だと言えるでしょう。

Googleもオリジナルコンテンツを重視

Googleが評価するページ

Googleは「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。」と公表しており、オリジナルコンテンツがSEOで重要な役割を持っていることがわかります。

SEOの評価指標でもっとも重要とされる「E-A-T」を意識する上でも、コンテンツの独自性は重要になります。E-A-Tとは、専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、 信頼性(Trustworthiness)の略です。E-A-Tの指標を高めるためには、体験談や経験談などの一次情報や調査結果を紹介したり、専門家の監修をつけたりすることが有効です。

Googleはユーザーに有益なコンテンツを届けるために、日々アルゴリズムの改良を行なっています。Googleが掲げるSEOの評価指標を高めるためにも、ユーザーに有益となる情報に加え、独自性のある内容をコンテンツに盛り込めるよう工夫が必要です。

参考

オリジナルコンテンツのメリット

オリジナルコンテンツのメリット

オリジナルコンテンツのメリットをご紹介します。

SEO評価へ貢献

オリジナルコンテンツは、SEOで必要不可欠と言われるほど重要なコンテンツです。Googleは、コンテンツの品質向上のため、オリジナルで有用なコンテンツを持つWebサイトが上位に表示されるようになると公言しています。SEOのコンテンツ制作では、競合サイトのコンテンツにはない有益な情報を盛り込むことでオリジナルコンテンツとなり、SEO評価を高められるでしょう。

参考

競合コンテンツとの差別化

SEOで競合コンテンツとの差別化するためにも、コンテンツの独自性は重要です。SEOでは、競合サイトも同じキーワードを狙ったコンテンツを掲載しているため、独自性のない内容だと他社コンテンツと差別化しづらく上位表示されるのは難しいでしょう。

一方、コンテンツ作成をする場合は、すでに上位表示されている他社コンテンツより有益な情報を紹介することで、SEO評価を得やすくなると言えます。また、独自性がないとコピーコンテンツと見なされてしまう可能性もあるため、SEOではオリジナルコンテンツの作成が重要なのです。

オリジナルコンテンツのデメリット

オリジナルコンテンツのデメリット

オリジナルコンテンツのデメリットをご紹介します。

コンテンツ制作の手間

オリジナルコンテンツでは、独自性のある内容を紹介する必要があるため、内容によってはコンテンツ作成の手間がかかります。自身の経験談や体験談であれば、工数をかけずにコンテンツ内容に加えることが可能です。

一方、アンケート結果の掲載で独自性を出そうとした場合、アンケートを実施する工数が発生します。アンケートの回答数を伸ばすために、回答者にプレゼントを用意する場合もあるでしょう。オリジナルコンテンツの作成は重要ですが、工数がどれくらいかかるかも事前に把握しておく必要があります。

調査や監修などにかかる費用

オリジナルコンテンツの作成では、専門家に監修を依頼することもあり、監修費として費用が発生することが多いでしょう。専門家の権威性によって、依頼費用も変わってくるため、予算の範囲内で監修を引き受けてもらえる専門家を探すことも重要です。
有名な専門家であればあるほど費用がかかることが想定されます。監修者として掲載されたコンテンツのアクセス数が伸びれば、監修者にもメリットがあるため、両者のメリットを理解した上で価格交渉を進めるのもポイントです。

アンケート調査では、実施する方法によって費用が発生することもあります。たとえば、回答数を増やすために広告を出稿したり、プレゼントを用意したり。コンテンツの独自性は重要ですが、どこまで手間や費用をかけるべきかは意識する必要があるでしょう。

オリジナルコンテンツを作るコツ

オリジナルコンテンツを作るコツ

オリジナルコンテンツを作るコツをご紹介します。

情報収集しやすい分野の選択

オリジナルコンテンツの作成では、情報収集しやすい分野を選択するのがポイントです。コンテンツ作成のためだけに、新しい取り組みを行うとどうしても工数や費用がかかります。すでに自社で蓄積された情報が活用できれば、手間はかかりません。顧客へのヒアリングが必要であれば、営業やカスタマーを巻き込み普段の業務オペレーションで、手間が少なく有益な情報を得ることも可能です。

たとえば、ママ賃貸という賃貸物件の情報サイトでは、エリアごとの小学校人気ランキングを紹介しています。子どもの小学校入学を控えた保護者は、小学校名から周辺の物件を検索します。そこで検索機能された回数が多い小学校=人気の小学校と定義しランキングにしているのです。この事例では、自社サービスの特徴や分野を活かしてオリジナルコンテンツを作成できています。

検索クエリとの関係性の高さを意識

オリジナルコンテンツを作る上で、検索クエリとの関係性の高さも重要です。独自性のある内容だとしても、検索クエリとの関係性が低ければ、ユーザーへの有益性も低くなります。結果として、SEO評価には結びつきづらくなってしまうのです。オリジナルコンテンツの作成では、検索クエリとの関係性も意識しましょう。

Webサイト構造の整理も重要

SEOではWebサイトの構造も重要です。Webサイトをどのような構成にするかで、ユーザーの利便性やクローラーが巡回しやすさなどが変わります。ユーザーの利便性はもちろん、クローラーがWebサイトを巡回しやすくなると、新規公開したコンテンツへたどり着きやすくなったり、複数のコンテンツで特定のキーワードを強化できるので順位が上がりやすくなったりする効果が期待できます。

オリジナルコンテンツの作成に力を入れても、Webサイトの構造が最適化されていないために、検索順位が上がりにくくなっている可能性もあります。下記のようにカテゴリー分けをして階層を意識した構造にすることで、整理されたサイト構造となるでしょう。

  • 大カテゴリ:Web制作
  • 中カテゴリ:UX
  • 中カテゴリ:UI
  • 大カテゴリ:Webマーケティング
  • 中カテゴリ:SEO
  • 中カテゴリ:リスティング広告

まとめ

オリジナルコンテンツはSEOで必要不可欠です。ユーザーに価値のある情報を届けるため、競合サイトとの差別化をはかるために、オリジナルコンテンツが重要になります。自社コンテンツでしか紹介しておらず、ユーザーに有益な情報はSEOでも高評価を得られる可能性が高まります。ありふれた内容にならないよう、経験談や体験談を盛り込んだり、自社だからこそ得られる情報を掲載したり、独自性のあるコンテンツ作りを意識しましょう。

Share on

お問い合わせはこちら

SEOの課題はクーシーが解決します

  • SEO
    コンサルティング

    日々進化するGoogleのアルゴリズムに対して、検索順位を着実に上げるWebサイト構築と改善施策を実行します。

クーシーのWeb制作実績

すべての制作実績をみる

SEOに役立つ記事はこちら

カテゴリ一覧

COOSY BLOG TOP