【最新】AMP化とは?いま導入すべき?メリット・デメリットを理解しよう!

カテゴリ

詳細を開く
横田みのり

Webページの表示を高速化できるとGoogleに推奨されていた「AMP」ですが、自社のWebページで採用すべきか悩んでいる人もいるでしょうか。AMP化でWebページの表示が高速化できる仕組みや、メリット・デメリットをわかりやすくご紹介します。これから検討する人向けに、WebページをAMP化すべきかについても言及します。

AMPとは

AMPとは?

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、Webページの表示を高速化させる手法のことです。2015年にGoogleとTwitterが共同してAMPプロジェクトを立ち上げました。

SEOの観点からも、Webページの表示速度が遅いとユーザーの満足度も低くなると言われています。Googleは、Webページの表示を高速化できる手法として、AMP対応を推奨するようになりました。現在のAMPページのあり方については変化してきており、詳しくは「AMPは導入すべき?」の章をご覧ください。

AMPの仕組み

AMPの仕組み

AMP対応するとWebページの表示速度が上がる仕組みをご説明します。

AMP対応していない場合

ユーザーがWebページにアクセスすると、サーバーからHTMLやCSS、画像のファイルを読み込みます。WebページがAMP対応していない場合、ユーザーがWebページのURLをクリックしてからファイルの読み込みを始めます。そのため、AMP対応していないWebページでは、全てのファイルを読み込めるまでに時間がかかってしまうのです。

AMP対応している場合

AMP対応しているWebページは、HTMLやCSS、画像などのファイルをGoogleやTwitterのサーバーに一時的に保存できます。これをキャッシュと言います。ユーザーがAMP対応しているWebページのURLをクリックすると、GoogleやTwitterに一時的に保存されていたキャッシュが表示される仕組みです。AMP対応していれば、Webページのファイルの読み込みを1から行う必要がないため、Webページの表示速度が上がるのです。

AMP化のメリット

AMP化のメリット

WebページをAMP化するメリットをご紹介します。

Webページの表示スピードが上がる

AMP化のメリットは、Webページの表示速度が上がることです。SEOでは、Webページの表示速度も1つの指標です。Webページの表示速度が課題のWebサイトは、AMP対応を検討してもいいでしょう。

ユーザーの離脱率改善につながる

AMP化するとWebページの表示を高速化できます。Webページの読み込みが早くなることを考えれば、ユーザーの満足度も上がると想定できるでしょう。

Webページの表示に時間がかかる場合、ユーザーはWebページが表示されるまでじっと待ってはくれません。Googleの調査でも、 Webページの表示速度によって、ユーザーの離脱率が変わることが報告されています。下記の表を見ればわかる通り、Webページの表示速度が速いほど、離脱率も低くなるのです。

ページの表示速度 離脱率
1秒〜3秒 32%
1秒〜5秒 90%
1秒〜7秒 106%
1秒〜10秒 123%

参考

AMP化はWebページの表示速度を高速化できるため、ユーザーの離脱率を改善するのに有効な手法と言えます。

AMP化のデメリット

AMP化のデメリット

AMP対応を検討するなら、必ずデメリットも知っておく必要があります。AMP化のデメリットをご紹介します。

デザインやコンテンツがうまく表示されない可能性がある

AMP化では、Webページを高速化するために以下のような規制があります。

  • JavaScriptが使えない
  • CSSは50KB以内で書く

JavaScriptは、Webサイトを作る際に使われているプログラミング言語のことです。たとえば、Webサイトで「ボタンにカーソルを合わせると色が変わる」という動きを制御しているのが、JavaScriptというプログラミング言語になります。

Webページの機能の制御には、多くの場合JavaScriptが使われています。AMP対応でJavaScriptが使えないと、Webサイトの機能やデザインに大きな制約がかかってくることはイメージできるでしょう。JavaScriptが使えないと、本来のWebサイトで実装していた機能がAMP対応のWebページでは実現できないことも多くなります。JavaScriptが使えないために、AMP対応を諦めるWebサイトもあると言います。

また、CSSとはスタイルシートとも呼ばれており、Webサイトの見た目となる部分を制御するための言語です。CSSでは、文字の色やサイズを指定したり、間隔を調整したりできます。AMP対応の場合、CSSが50KBまでしか書けないため、デザインもシンプルなものにせざるを得ません。

「JavaScriptが使えない」「CSSが50KBまでしか書けない」という規制があることにより、Webページのデザインやコンテンツがうまく表示できないことがある点も、デメリットと言えるでしょう。

AMP化したHTMLの管理が必要になる

AMP対応のページは、AMP HTMLで作成します。本来のWebページと、AMP化したWebページは、別で管理する必要があるため、Webページの運営に手間がかかります。Webページを更新する場合、AMP対応しているWebページとAMP対応していないWebページの両方を更新しなければならないからです。AMP化したWebページが多ければ多いほど、管理工数も増えてしまいます。

広告収益が減る可能性がある

AMP対応したWebページには、広告制限がかかります。そのため、AMP対応前に表示されていた広告が、AMP対応したことにより表示されなくなる場合があります。AMP対応している広告であれば表示されますが、AMP対応による広告の表示・非表示については事前に確認が必要です。アフィエイリトやアドセンスなどで広告収益を得ているWebサイトであれば、AMP対応は慎重に判断する必要があるでしょう。

AMPページの計測について

Webページのセッション数などは、Googleアナリティクスで計測が可能です。AMP対応したWebページは、AMP対応する前のURLとは異なります。そのため、AMP対応後は、Webページの計測を見直したり、新しく設定したりする必要があります。

たとえば、Webページの実績を「AMP対応前のWebページとAMP対応後のWebページのセッションを統合して計測したい場合」「AMP対応のWebページのみのセッション数などを計測したい場合」では、計測の設定方法は異なります。計測方法は、Googleアナリティクスのビューで詳細な設定が可能です。AMP対応後に見たいデータをちゃんと計測するためには、事前に計測方法を決めておく方がいいでしょう。

AMPは導入するべき?

AMPはページの表示速度を高速化できるメリットがあります。2015年からGoogleによりAMPを推奨されていましたが、現在AMP対応は必須ではなくなりました。

AMP対応が推奨されはじめたころは、AMP対応しているページのみが優遇されることがありました。たとえば、「Google検索結果ページ上部のカルーセルに表示される」「AMPページとわかるようバッジが付与される」などです。カルーセルに表示されれば、クリック率も上がりアクセス数の増加も期待できるため、魅力的でしょう。

しかし、Googleは2021年6月にAMP優遇を終了すると発表しています。Google検索結果ページ上部のカルーセルには、今後AMP対応していないWebページも表示されるようになります。今後、アクセス数を増やす目的でAMP対応を行う必要はなくなりました。

AMPは、Webページの表示速度を高速化できる手段です。AMP優遇は終了しても、Webページの表示速度に課題がある場合は、AMP化を検討してもいいでしょう。

まとめ

AMPはWebページの表示を高速化できる1つの手法です。AMPが推奨されていたころとは異なり、現在AMP優遇が受けられない点は残念に感じるでしょうか。Webページの表示速度が大きな課題となっている場合は、AMP化を検討してもいいでしょう。AMPのメリットやデメリットを理解した上で、判断することをおすすめします。

Share on

お問い合わせはこちら

SEOの課題はクーシーが解決します

  • SEO
    コンサルティング

    日々進化するGoogleのアルゴリズムに対して、検索順位を着実に上げるWebサイト構築と改善施策を実行します。

クーシーのWeb制作実績

すべての制作実績をみる

SEOに役立つ記事はこちら

カテゴリ一覧

COOSY BLOG TOP