SEO流入が100倍になるオウンドメディア記事の効率的なたった1つの方法

キーワード

Webサイトの流入チャネルとして自然検索流入をメインに集客しているWeb担当者は現在も多いです。そのため、多くの企業でSEOの重要性は高い状況が続いています。

SEO施策の1つとして、オウンドメディアの運営を行っている企業が増えてきています。 SEO業者による被リンクの自作自演が近年、通用しなくなりました。内部最適化の施策だけでは検索順位を上げることが難しいようです。

そのため、コンテンツマーケティングのトレンドに合わせて、SEO業者の提案が変化しています。「被リンク+内部施策」から「オウンドメディア運営+記事最適化」の提案にここ数年で変わってきました。

メディアが増え続ける現在、オーガニックサーチは競争が激しくなっています。その中で、SEO流入を増やすためには、競合メディアに勝つための“作戦”が必要です。

今回は、SEO流入を増やすための考え方をご紹介するので参考にしてみてください。

狙ったキーワードの記事をたくさん書き続けても、
検索順位は上がらない

オウンドメディア運営者でSEOを考えている担当者にありがちなミスが、SEOターゲットキーワードばかりを狙うことです。

例えば、中古車メディアの運営者が、「トヨタ 中古車」「プリウス 中古車」といったキーワードを狙っているとします。

コンテンツ量が多ければ検索順位が上がると思って、「トヨタ中古車」「プリウス中古車」に近いテーマの記事を投稿し続ける作戦の運営者が多いです。
しかし、実際にはGoogleの評価は上がりきらず、検索上位には表示されないケースも多いです。

検索ボリュームが多いキーワードを狙いがちで、レッドオーシャン化した難易度が高めなケースが多いからです。

当然、他のメディアやWebサイトもSEOを頑張っていることが多いです。コンテンツ量だけでは、なかなか検索上位にたどり着きません。

SEOキーワードは、あえて狙わない作戦

何が問題だったのか?

記事の書き方やSEOの内部施策のやり方が問題ではありません。
問題は、検索ボリュームが多いキーワードのみを狙ってしまうことです。

この作戦では検索順位が上がらない限りは、SEO流入は増えないままです。

発想の転換が必要です。

個人が考えられる特定の限られたキーワードを狙うことを、そもそも止めてみましょう。
あえて狙うより、SEO流入が増えるホットキーワードを見つけ出すことに注力するのです。

ホットワードの効率的な探し方は?

ズバリ、色々なテーマの記事をたくさん投稿することが一番の近道です。

多種多様なキーワードの記事を投稿して、反応が良いキーワードを見つけ出す作戦です。 実は、運営者が考えるキーワードとは全く違ったキーワードでSEO流入が増えることがあります。調査しても見つからないリアルな検索ニーズが、簡単に見つかります。

図1
図1:特定の限られたキーワードを狙わず、SEOが増えるホットキーワードを見つけ出す
検索ニーズがある&SEO流入が増えたホットキーワードを見つけ出すことができれば、次はホットキーワードの拡張です。
ホットキーワードから関連するテーマやキーワードを洗い出して、次の記事を制作しましょう。

テーマの拡張と深堀りするサイクルを繰り返すことが、SEO流入を拡大する効果的な作戦になるでしょう。

SEOはユーザーニーズを探す旅

SEO担当者の多くは、いかに検索順位を上げて、流入を増やして、コンバージョンを増やせるかというテクニックに知恵を絞っています。

しかし、一歩引いて考えてみることも時には大事です。

ユーザーの検索という質問に対して、有益な回答を提供できるか。 その原点に立ち戻って、SEOの方法論も考えるのは有効でしょう。

今回、ご紹介した作戦は、“実験思考”のプロセスでした。 多数のテーマ記事を投稿することで、リアルなユーザーの検索行動を探すトライアルです。 SEOの壁に阻まれるWebサイト担当者のみなさんにとって、前進できるヒントになったでしょうか?

失敗を恐れず、チャレンジしていきましょう。

Share on

お問い合わせはこちら

クーシーブログ